現役面接責任者が面接合格のポイントをわかりやすく記載! 

35歳限界説

転職を有利にする情報

転職者必見!

ぜひご活用ください!

35歳限界説って本当にあるの?

「35歳限界説」といった言葉があります。

職場で管理的ポジションに就いたり、家庭を持ったり、ローンの返済があったりして35歳位を境にして、急に転職しにくくなる転機が訪れています。

しかし年齢と採否の兼ね合いというのは、「その年齢相応の経験・スキルがあるか否か」が焦点となります。

年齢が上がれば上がるほどに、「高い専門性」や「マネジメント能力」など、求められる経験とスキルも高くなりますから、年齢の上昇とともに必然的に選考基準が高くなります。

したがって、キャリアチェンジのような、未経験の業界・業種へ転職する場合は年齢上昇とともに難しくなり、具体的には30代後半では挑戦が厳しくなってくるケースが多いです。

一般的に年齢が高い人ほど、業界に精通した専門のキャリアコンサルタントに相談したほうが有利な転職先を見つけることができるのはそのためです。

【マイコミエージェント】キャリアコンサルタントが無料で転職活動をコーディネート!

a:2174 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional