現役面接責任者が面接合格のポイントをわかりやすく記載! 

面接では在職者は不利になりますか?

採用担当者が答える Q&A

質問

面接では在職者は不利になりますか?

採用担当者の回答

即戦力として、入社までの日程が短く設定されている場合以外は、在職者が不利になることはありません。
むしろ退職してからの転職活動はリスクが大きすぎるため、在職中に転職活動を行うことをお勧めします。

在職者の面接の場合、「本当に退職を決意しているか否か」を繰り返し確認します。少なくとも会社を応募する前には、応募先の企業に採用された場合の入社までのスケジュールは考えておく必要があります。(その場合にも絶対に在職中の会社に退職の意思表示をしてはいけません)

a:1654 t:1 y:0


面接戦略はキャリアコンサルタントの指導を受けるのが早道!


【マイコミエージェント】キャリアコンサルタントが無料で転職活動をコーディネート!


人材紹介会社は転職成功率が高い!

転職成功はキャリアコンサルタントの指導を受けるのが早道です!

転職活動で多くの人が利用しているのが人材紹介会社です。

人材紹介会社とは、正社員の採用に特化しており 求人企業から求人情報を受けて(集めて)職業の紹介を行う会社のことです。

ハローワークは求人情報を求職者に紹介するだけですが、人材紹介会社は入社までしっかりと指導を行ってくれます。

マイコミエージェントのキャリアコンサルタントは業界別の専任担当制を敷いています。

IT・インターネット、金融、コンサル、メーカー、消費財・流通・サービス、情報・広告、メディカル・・・等々

各キャリアコンサルタントはそれぞれの専門分野に特化しています。

プロの視点から志向性や求めるキャリアパスに合った求人の紹介を行い、将来を見据えた、キャリアサポート体制を整備しているところが他の人材紹介会社と違います。



powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional