現役面接責任者が面接合格のポイントをわかりやすく記載! 

電話応募

電話応募の方法
電話応募から選考は始まっています!

電話応募

電話応募の準備

電話応募する時間帯は?

固定電話から応募しましょう

労働条件についての質問は電話では行わないこと

電話では氏名を名乗り要件を伝えてから本題に入りましょう

電話のかけ方模範例

応募企業が決まったら、まず求人企業に応募や問合せの電話をかける事になります。

この電話はあなたからは職務内容、条件、面接日程の確認といった問合せの意味がありますが、面接する側は既に第一次選考を始めています。

私の場合は求人広告に「詳細は電話でお問い合わせください。」「電話連絡の上、面接にお越しください。」「電話連絡の上、履歴書、職務経歴書を郵送下さい。」と記載し、必ず相手と話す機会を設定します。

これは無駄な面接を避けるために、応募資格を事前に確認する目的と面接日程を調整する目的があります。

「ぜひ面談してみたい人物」は相手の日程に合わせて面接を組んだりしますが、「この人は会っても仕方ない」と判断した場合は、相手が辞退するような話し方をしたり、面接日程もこちらの都合で決定したりします。

電話問い合わせの段階では、応募者も気軽な気持ちで電話を掛けてくるため意外と本音が出てしまいます。言葉遣いやマナーには十分注意してマイナスイメージをもたれないようにしましょう。

 

a:3625 t:1 y:1

キャリアコンサルタントの活用をお勧めします!

就職活動は自分という商品を企業に売り込むプレゼンテーションです。

自己流では失敗します。プロの知恵を拝借して、しっかりと自分を売り込む計画を立てることが大事です。

その成功のポイントは就職活動を、セルフ・マーケッティング活動と考えることです。

  • 消費者動向は企業ニーズです。
  • 商品は自分自身です。
  • 価格は給与・労働条件です。
  • 商品の特性は自分の経験・知識、能力、スキル、資格、長所、人脈、健康、体力です。
  • 商品カタログは履歴書・職務経歴書・セルフプレゼンブックです。
  • 商談(プレゼンテーション)は面接試験です。
  • ダイレクトメールは添え状です。
  • サンキューレターは面接後の礼状です。

どうですか?

このように考えると、一番大事なのは企業がどのような人材を欲しがっているかを分析して自分のPRポイントをしっかりと構築すること、そして面接官にしっかりと売り込むことだと理解できたと思います。

これを自己流で行うのは困難です。

プロのキャリアコンサルタントを有効利用しましょう!

「マイコミエージェント」の転職支援サービス

マイコミエージェント4
  • メリット1
    専任のキャリアコンサルタントが転職者にマッチする求人案件を探してくれます。
  • メリット2
    応募書類の書き方のアドバイスから面接対策まで転職者をしっかりサポートします
  • メリット3
    非公開求人等の情報を得ることができます。

転職サポートの流れ
「マイコミエージェント」は毎日キャリアバンクの人材紹介サービスです。

人材紹介サービスを利用しての転職は、求人を閲覧できるだけの転職サイトと異なり、業界職種に精通したキャリアコンサルタントからの転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供をします。

転職者に合ったキャリアプランの提案から非公開求人の紹介、面接対策や待遇交渉まで、転職活動におけるエキスパートならではの付加価値を無料で利用できるのでぜひお試しください!

【マイコミエージェント】キャリアコンサルタントが無料で転職活動をコーディネート!

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional