現役面接責任者が面接合格のポイントをわかりやすく記載! 

転職失敗の原因

解雇についてもっと深く知りたい方・・こちらのサイトをご覧ください!

転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?


中高年の転職:プロローグ

こんな会社辞めてやる!・・転職する前に考えること

転職は目的でなく手段です!!

転職失敗の原因

転職に失敗する人には共通する原因があります。

それは何かと言うと・・・・

転職する理由がはっきりしない人です。

  • 「あなたの転職理由は何ですか?」
    転職の際は、なぜ自分が転職する必要があるのか、その原因をよく考える必要があります。
  • 「あなたは転職先に何を求めてますか?」
    現在の会社から逃げることが第一目的で、何をやりたいか?、どのような会社に転職したいか?という目的が無い状態で転職を考えていませんか?
  • 「あなたの希望する条件の優先順位は定めていますか?」
    収入もよくて、仕事も楽で人間関係も良好などという会社はありません。
    企業成績が良く就職戦線の人気企業でさえ、その企業規模と企業成績を維持するために会社内では熾烈な競争とサービス残業、過酷な人間関係が待っています。
    転職の歳には、自分の転職理由をしっかりと持ち、転職先の会社を選ぶ際に自分の希望する最低条件を満たしていなけらばまた転職を繰り返すことになります。
  • 「あなたの優先順位は何ですか?」
    キャリア?、収入?、権限?、人間関係?、労働環境?、会社の知名度?、福利厚生?、通勤時間?、勤務地?・・・・
    転職企業に求めるあなたの希望条件と優先順位は決まっていますか?
    実はこれが一番大事な点です。こうしたことをはっきりさせないまま「なんとな~く」転職すると、せっかく受かった会社をすぐやめるということになってしまいます。

「会社さえ変われば夢と希望でいっぱいだ!」と勘違いしてはいけません。

転職失敗を防ぐ3カ条

転職に失敗しないための第一ポイントは

今の会社を辞める前に次の3点を自問自答することです。

転職失敗を防ぐ3カ条

  • 自分が今の会社のどこに不満を持っているかを決める
  • 転職先に「何を求めるか」を優先順位を付けて決める
  • 自分に必要な最低収入はいくらかを決める

条件を決める際にはノートと鉛筆を用意します。

そして何度も何度も紙に書いていきます。

紙に書くこと

これが第二のポイントです。

紙に書くことによって自分の考えがまとまってきます。

ノートに書くことも理由があります。

ノートに書くことによって自分の書いたものを見直します。

この作業をやった経験のある方はお分かりですが、自分の転職理由、転職条件を決めていくことは非常に大変な作業となります。
紙にかいたものを数日後に読んでみると、不思議と次から次へと変化しているのがわかります。

それでいいんです。

気軽に、何度も何度も同じ作業を繰り返しましょう。

1カ月、2カ月すると何度も出てくる転職理由や、条件が見つかります。

・・・・それが本当の理由、本当に求めている条件です!

次に声を出して読みます

これが第三のポイントです。

声を出して読むことによって、さらに考えをまとめることができるようになります。

これが全てです。

転職に二度も三度も失敗してはいけません。

転職に何度も何度も失敗するようであれば、原因は企業ではなく明らかにあなた自身にあります。

自分の転職理由を明確にして、転職先に求める条件に優先順位を付けること。

ぜひ行ってみてください。

転職はこれまでの人生を反省する良い機会です。自分が仕事に対し、何を求めていたのか。そして今後、仕事に何を期待するのか。これまでの会社で、自分が何を成し遂げ、何を身につけのか、じっくり考えてみることをおすすめします。

a:3827 t:1 y:0

転職できる人の条件 : 財務諸表が読めること

転職先が上場会社なら「財務諸表」は必ず入手してチェックすることをお勧めします。

仕事内容、社風や事業規模、成長性など、転職先を選ぶときに重視する項目は、人それぞれ違います。

しかし安定した業績を出している会社か、倒産の危険性が低い、安全な会社か、ということは誰もが気になる項目です。しかもこの項目は求人票だけではわかりません。

転職先が上場が会社ならば財務諸表を入手し必ず目を通しておきましょう。多くの上場企業では投資家向け情報(IR情報)として決算書を公開していますので無料で会社の数字をチェックできます。

財務諸表は数字が多く、わかりにくそうに見えますが簡単な見方さえマスターすれば、誰でも読むことができます。

  • 貸借対照表
    貸借対照表は、その会社の現在の力を示すものであり、「資産の部」「負債の部」「純資産の部」から構成されています。その会社が借り入れている負債や、自らが保有している資産を知ることができます。
  • 損益計算書
    損益計算書は、その会社が1年間でどれだけ利益を出したかを示すもので、短期的な会社の業績を表します。特に本業での儲けを示す「営業利益」や「経常利益」は、会社が所有する現金に影響してくるので、注目するべきポイントといえます。

財務諸表は、企業分析をする上で有効なツールです。

応募企業の単年度だけを分析するのではなく、同業他社と比較したり、複数年の業績を比較したりすることで、的確な企業分析が可能となります。

さらに詳しい企業分析を行いたい方は、キャリアコンサルタントに相談することをお勧めします。


転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

転職なら、求人情報・転職サイト【DODA】(デューダ)!!
【DODA】では、人気企業の求人1,563件、非公開求人が29,518件と数多くの求人情報を扱っており、皆様の転職活動、キャリアアップを強力にサポート!!
転職のプロに求人を紹介してもらう無料転職支援サービスを始め、スカウト制度、個別相談会、会社説明会・相談会などまで充実したサービス内容でお手伝いさせていただきます。

参考文献:転職サイトDODA(デューダ)転職マニュアル


powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional