現役面接責任者が面接合格のポイントをわかりやすく記載! 

転職を有利にする情報

転職を有利にする情報

効果的な転職活動をするには・・・

転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

転職活動では、学生の就活のように十分に時間をかけて企業情報を集まることはできません。

今はインターネットが普及してので各種ツールの特徴をつかんで、上手に使いこなすのがよりよい転職への近道となります

  •  求人サイトの特徴 
    求人サイトは時間を気にせず、いつでも自分で求人情報を探して応募もできます
    仕事が忙しく転職活動に時間をとれない人にとって、24時間アクセスできる求人サイトは、もってこいのツールです。
    職種や勤務地といった希望条件で検索でき、企業へのエントリーも可能。募集企業の特徴や欲しい人材像と、自分の希望を照らし合わせて効率よく求人を見つけることができます。
  •  人材紹介会社の特徴 
    人材紹介会社はキャリアコンサルタントのサポート体制が整っております。また非公開求人も多数持っています
    経験豊富なキャリアコンサルタントコンサルタントが転職相談を行い職務経歴書の書き方や面接対策もアドバイスします。
    基本的にサービスは無料で、紹介されても納得いかなければ断ることもできます。
  •  転職フェアの特徴 
    転職フェアはいろいろな企業から直接、話を聞けるチャンスで、1度にいろいろな企業と接触できるのが転職フェアの最大のメリットです。
  •  新聞の求人広告の特徴 
    鮮度の高い情報が手に入ります。全国紙だけでなく地方紙、業界紙もチェックすることをお勧めします。
    金融系や大手企業は日本経済新聞、外資系ならジャパンタイムズなどの英字新聞、マスコミ系は朝日新聞など、新聞によって掲載されている求人に特徴があるのでうまく使い分けましょう。
  •  転職情報誌の特徴 
    転職情報誌は多くの求人情報が1冊で提供されるため、求人情報の比較が簡単で、手軽に多くの情報収集ができます。ほとんどの転職情報誌は業界、職種、地域別など項目で分類されているので、希望に合う企業を見つけやすく、同業他社と仕事内容や待遇などを比較しやすいのもメリットです。
    また、実際の求人広告だけでなく、転職ノウハウや体験談などを紹介した読み物も豊富で、転職活動の参考になります。
  •  ハローワークの特徴 
    ハローワークはだれでも使える公共機関です。退職した人が利用する機関と思われがちですが、実際は在職中でも利用できます。
    しかも無料。さまざまな求人票がファイルされ、閲覧できるのはもちろん、全国の求人情報をコンピュータで検索できます。
    U・Iターンを希望する人は特に利用価値が高いです。
    しかし求人票には具体的な会社名が掲載されていないので、会社研究には不向きです。また、窓口の担当者は公務員なので、特定の民間企業を推薦することはできません。長所短所がはっきり分かれますが、ハローワークの特徴はその情報量です

転職者必見!

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

就活 大手総合商社の元人事が教える第一志望内定までの4ステップ【就職活動完全マニュアル】もう面接なんて怖くない!

  お勧めサイト  

ぜひご活用ください!





a:8322 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional