現役面接責任者が面接合格のポイントをわかりやすく記載! 

転職できる人の条件7

転職者必見!


面接官が採用したくなる人材に変身する方法

紙と鉛筆を用意し、次の質問に対する答えを書いてみましょう

1.あなたの(転職の)目的は何ですか?
2.あなたは誰に雇われるのですか?
3.応募する会社(あなたの雇い主)の求める能力は何ですか?

あなたの(転職の)目的は何ですか?

あなたが転職するにあたり設定した目標を明確にします。

  • 収入ですか?・・・例えば「月収30万円以上」とか
  • 勤務地ですか?・・・例えば○○市に住みたいとか
  • キャリアアップですか?・・・具体的にやりたい仕事内容を列挙します。
  • キャリアチェンジで新しい職種へのチャレンジですか?・・やりたい職種を決めます。

リストラの場合でも,何を重視するか考えます。

目的」ですから、最終的に一番重視する目的ひとつに絞り込みます

あなたは誰に雇われるのですか?

求人票を見て応募したい会社を決めます。(この作業は次へ続きます)

応募する会社(あなたの雇い主)の求める能力は何ですか?

応募する会社が決まったら、その会社について調べます。
ホームページや会社案内で社長の考え方が書いてある場合は必ず精読します。
そうでなくても募集職種と会社の業態からおおよその求める人物像は把握できます。

あなたの数ある能力のうち、応募する会社が求める能力を積極的にPRしていきます。

採用面接に臨む前に一度自問自答するだけで、面接官が採用したくなる人材に変身できますよ!

面接官が魅力を感じるのは、応募目的がしっかりしており、会社の求める能力を備えている人です。

上記の簡単な作業を行うだけで、面接の質問に対する答えが変わってきます。


この考え方はこのサイトを書くときに実践している考え方でもあります。

  • 「私の社会的使命は何か?」
  • 「私の顧客はだれか?私は誰をサポートしなければならないか?」
  • 「私の顧客(サポートする人)は私に何を求めているのか?」

a:3090 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional