現役面接責任者が面接合格のポイントをわかりやすく記載! 

派遣で働く場合

派遣社員で働く前に知っておくべきこと

派遣社員で働く道を選ぶ人は派遣社員のメリット、デメリットを比較して自分に合った働き方を選びましょう。

派遣社員は期間の定めのある契約です。従って期間が終了すれば原則契約更新はありません。また昇給も賞与もありません。その分正社員より時給(もしくは日給)は高めに設定されております。
期間の定めのある契約を何回か更新すれ契約更新の「期待権」が発生し、法律的にある程度保護されますが一度契約の解除を申し出た会社側と交渉して契約更新を行っても安定した地位を得たことにはなりません。

派遣社員はあくまでも、派遣先の会社と派遣元の会社の「派遣契約」で人材を送り込まれているにすぎないので、本人の能力以外の景気の変動や、派遣先と派遣元の会社の都合で仕事先が変動します。同じ有期契約(期間の定めのある契約)でも、パートタイマーやアルバイトのような直接雇用の従業員とは契約が全く異なるのです。

派遣社員のメリット

  • 派遣先企業の直接雇用よりも採用基準が低い。
    派遣会社は「登録制」の会社が多いため、簡単な履歴書と面接で登録できる会社が多いです。逆に派遣先企業は安定した大手企業のケースが多いです。ということは簡単な面接で大手企業で働けるということです。
    比較的、定時に終わることが多いため時間的余裕がある。
  • 残業代がしっかり出る
    企業内の昇進競争や人間関係が無いため、サービス残業などする必要は無く割り切って働けます。
  • 昇給、賞与がない分給与水準が高い
  • 複数の派遣会社に登録が可能で、登録後は派遣会社が仕事先を探してくれる。
  • 派遣先企業によっては住居もあっせんしてもらえる。

派遣社員のデメリット

  • 契約更新の有無が本人の能力以外の要素で決まることがある。(企業間の派遣契約の解除、法律で決められた派遣期間の上限になったための解除、契約更新の「期待権」を主張されないために契約を解除するケース 等)
  • 昇給、賞与が無い。
  • 派遣先企業の教育研修制度を利用できない。(仕事を通しての人材育成がなされない)
  • 派遣先企業の福利厚生制度を利用できない。
  • 派遣先企業の直接雇用者が嫌う仕事が多い。(キャリア形成に役立たない仕事や危険な仕事、単純作業、忙しい時と暇なときの差が大きい仕事等)

a:3659 t:1 y:0


powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional