現役面接責任者が面接合格のポイントをわかりやすく記載! 

求人情報の読み方

中高年の転職を支援します。

求人情報の読み方

  • 職種
    • 職種の書きかたで、求める人材像がわかります。
      たとえば、ハイスキルなプログラマーの募集では、開発環境やプロジェクトを前面に打ち出し、詳細な業務内容の記載がなされます。
      一方、未経験者の採用に積極的な企業では、職種は広く共通する項目を掲げ、社風や教育体制、立地条件の良さなどをアピールすることが多いです。
      注意を要するのは後者、「職種に一般的な用語を掲げて広く人材を募集しようとしている募集広告」です。
      このような場合は、会社が募集する職種と応募者がイメージする仕事内容が異なる場合があります。詳細は事前に問い合わせるほうが無難です(匿名でもかまいません)。
      例えば、同じ営業でも、固定客を回るのか、飛び込み営業か、見込み客訪問か、ノルマはあるのか等その内容によって仕事が大きく異なります。
      仕事の流れや、仕事名は当然会社ごとに異なります。自分の先入観で応募すると後で後悔することもありますので、しっかりと応募先に確認しましょう。
  • 勤務時間
    • 求人広告の勤務時間はあくまでも目安と考えてください。
    • 通常は就業規則に基づいた始業就業の時間を記載します。
    • 残業の有無はさし障りの無い内容で記載されております。実態は説明会や面接で確認することが必要です。
  • 応募資格
    • 法律の関係で、募集の性別や年齢要件は確認しずらい内容となっております。しかし実際の選考は男女や年齢の枠を無視して選考することは絶対にありません。
    • 募集されている業種、職種から、おおよその性別、年齢要件を判断することは可能です。
    • 「未経験可」の記載も、実際は経験者を募集しており、保険の意味で未経験可としている場合もあります。
    • 年齢条件やキャリアなどは募集計画の段階で会社が求める目安に過ぎませんので、まず「面接まで勝ち残り、面接で自分をPRする」姿勢は必要です。
  • 勤務地
    • 勤務地がどこか、転勤があるかはしっかり確認することが大切です。
    • 勤務地の記載があっても将来的に転勤がある場合もあります。法律上も募集の段階では、最初の勤務地を記載すれば足りますので拠点が広範囲にある会社は事前にしっかり確認することが必要です。
  • 給与
    • 固定給与制〇〇万〜〇〇万と幅を持たせている場合は最低の金額で考えましょう。
    • その職種の地域相場は自分で調べておく必要があります。--- 地域相場より異常に高い給与はそれなりの理由があります。
    • 金額で踊らされないことが大切です。相場より金額が高いのは労働条件が悪く定着性が低い職場と考えられます。
    • 本気で早く人材を求めている会社の求人広告は、給与に関する情報が非常に細かく掲載される傾向にあります。
  • 休日
    • 「日曜日は休日」との考えは捨てましょう。
    • もし、土・日の休日がほしいのならば事前に確認が必要です。--- 応募媒体に記載してある休日は目安です。
    • 休日出勤がどのくらい多いかも確認が必要です。
  • 待遇
    • 賞与や昇給、各種手当や社会保険の有無が記載されています。--- 退職金の有無は確認が必要です。なお、目先の給与額より社会保険にしっかり加入できる会社を選びましょう。
  • 事業内容
    • いわゆる会社の事業の内容です。
    • 募集広告ではスペースの関係で十分記載されないのが普通です。応募する場合は自分で調べる必要があります。上場会社は会社四季報や有価証券報告書で調べます。非上場会社はネット等で調べる方法がありますがサイトの信頼性は十分チェックしてください。ホームページを公開していれば比較的容易に確認できます。
  • 設立年月日
    • これは法人登記をした年のことす。
    • 目安としては新しい会社より古い会社のほうが、今までの社会変化の中で生き残っているわけですから、今後も会社が残っていく確率は多少期待できるでしょう。しかし将来性を判断するには財務内容、経営者の姿勢をまずチェックします。新しい会社、古い会社は参考程度にとどめておいてください。
  • 資本金
    • 業種によって必要な資本金が違うので、比較するのであれば、同業種で比較します。
  • 売上
    • 売上と利益は全く違います。
    • 上場会社は「会社四季報」や「有価証券報告書」で確認できます。したがって会社の状態の判断指標となりますが、非上場の場合は根拠を検証できませんので「参考情報」程度に考えてください。なお、会社を選ぶ際、新しい会社で急激に売り上げが伸びている会社を選ぶ際は十分慎重に検討を行ったほうが無難です。
  • 従業員数
    • 従業員数や正社員比率は業種によって大きく異なります。
    • 社員数:正社員の数 
    • 従業員数:正社員以外も含んだ人数 
    • 従業員数が多ければ優良企業というわけではありませんのでご承知おきください。
  • 応募方法
    • 電話連絡⇒履歴書の送付⇒書類審査⇒面接 の一般的な流れになります。そこでミスれば書類審査も行われないと思ってください。
      「申し訳ありませんが選考は終了いたしました。」等の返事が返ってきた場合は、電話の段階で不採用になった場合もありますので、それ以上食い下がっても無駄です。
      なお、ハローワークの場合はハローワークの担当者が直接企業に連絡しますので電話応答で不採用になることはありません。また、中高年転職者の応募で年齢要件で門前払いされることもありません。中高年の転職は面接の土俵に上ることが第一のハードルになります。その意味でもハローワークを有効活用しましょう。しかしハローワークを通したからといっても、選考基準は同じです。あとは面接でいかに自分をPRするかです。

a:3121 t:1 y:0


転職、再就職に成功する秘訣とは?


29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

「転職、再就職に成功する秘訣とは?」

もし、あなたが現在、転職や再就職で悩んでいるのであれば、「29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法」は必読の価値のある教材です。

なぜなら、「29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法」は「人に自慢できるようなキャリア」がなくても、転職や再就職に成功する「秘訣」記載しているからです。

フリーター、リストラされた方、無職の方、転職に何回も失敗している方は一度購入すると良いでしょう。

完全返金制なので、期間内に就職できない場合は返金請求可能です。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

[check]転職や再就職に成功する秘訣とは何だと思いますか
[check]氷河期と転職バブル期、あなたが転職するならどちらを選びますか?
[check]転職に失敗している人のほとんどが怠っていることがあります
[check]山のように溢れかえっている求人情報の中から、あなたにピッタリ合う仕事を見つける最も簡単な方法とは?
[check]最速で履歴書を書き上げ、間違えようのない効率的な方法とは?
[check]履歴書の写真、面接時に欠かせない、「3秒でとっておきの笑顔を作る方法」とは?
[check]あなたはどんな書類を受け取りたいですか?応募書類提出法とは?
[check]志望動機や自己紹介の中に必ず入れておくべき重要なポイントとは?
[check]自分に不利な経歴を一瞬で強みに変えるオセロ発想法とは?
[check]面接官を驚くほど説得できる魔法のワードとは?
[check]面接の場で予想も付かなかった質問がきた時に、まったくパ二ックにならず、面接官に信頼される答え方とは?
[check]聞きづらい給料や待遇面の質問を、面接官に悪い印象を与えずにする、効果的な方法とは?
[check]面接の後にしなければならない大事な事とは
[check]企業からの履歴調査の現状とは?

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

完全返金制なので、期間内に就職できない場合は返金請求可能です。

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法

29回転職に成功した!!再チャレンジ転職法




powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional