現役面接責任者が面接合格のポイントをわかりやすく記載! 

採否のポイント

絶対得する!失業手当の貰い方「裏ワザ」集

中高年の転職:面接の受け方

面接官が面接で判断するポイント!

 

中高年の転職:採否判断のポイント

一般的な内容は下記のとおりです。これは全職種、全雇用区に共通します。採用担当者は角度を変えて何度でも、納得のいくまで確認していきます。

  • 履歴に一貫性があるかないか?
  • 退職理由が後ろ向きでないか?
  • 発言に一貫性があるか?
  • 職業意識をしっかり持っているか?
  • 職種に必要な基礎知識、基礎体力を持っているか?
  • 協調性はあるか?
  • 自分の考えをしっかり言えるか?
  • 給与以上の働きをしてくれる人物か?

中高年の転職者が管理監督職に応募する場合:指導力、先見性、コンプライアンス意識、対人折衝能力、経営層や労働組合と有効な人間関係が築けるか、顧客を取り込めるか、会社にどのくらいの利益をもたらせるか 等をさらに掘り下げて確認します。

中高年の転職面接の実態

中高年の転職:第一印象を良くする方法


イラスト ビジネス 職業 の ソザイヂテン


「はじめての転職128のギモン」お勧めの良書です!

転職についての考え方を実践的に記載した、地味ですが良書です。

ぜひ参考にしてください。


ここではレビューを紹介します。

  • Amazon.co.jp のレビューです・・・
    • (レビュー1)
      初めての転職となるとわからないことだらけ。
      そしていざ転職をしようにも、そこには決まりごとがあるのでそれを知らなければ無謀な転職活動になってしまいます。
      本書では、転職の流れに沿った形で「どのような行動をすればいいのか」「履歴書・職務経歴書の書き方は?」「正しい面接の仕方は?」など、素朴な疑問から大事なものまで128個をピックアップして解説されています。
      著者が同じということで、姉妹本『採用される履歴書・職務経歴書はこう書く』『採用される転職者のための面接トーク術』と重複する部分もありますが、本書を転職活動に関する疑問の解消に、そしてより細かく知るために姉妹本2冊を活用するといいのではないでしょうか。
    • (レビュー2)
      転職に際しての気構えから手続きのコツ、面接の心構え、各種書類の書き方まで、Q&A形式で多数掲載。いままで大丈夫だと思っていた(?)『御社に興味がありまして……』はダメ! など具体例を交えて解説していますので判りやすく、すぐ転職をと考えていなくてもタメになります。
      (出典: Amazon.co.jp )

a:3829 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional