現役面接責任者が面接合格のポイントをわかりやすく記載! 

中高年の資格4

中高年の転職を支援します。

 

中高年の転職に資格をどのようにアピールすればよいか

実務経験がない中高年転職者の資格のPR方法

実務経験がない中高年転職者は自分のキャリアをPRしつつ、さりげなく資格をPRしましょう。

たとえば前記社会保険労務士の資格で総務・人事を希望する場合、その人が製造工場のライン管理者だったと仮定します。同じ製造業であるならば「労務管理にも詳しい製造ライン経験者」「製造ラインの実態に詳しく、かつライン労務管理にも精通している」ということで、総務人事畑しか知らない資格保有者よりも有利になる可能性があります。この場合も「実務経験+資格」で面接に臨むことになります。

くれぐれも資格だけがPRポイントにならないように注意してください。

a:6550 t:1 y:0


資格のアピールポイントの探しかた(裏ワザ紹介

面接で資格をアピール

面接の場では、緊張からなかなか自分をアピールできないものです。

しかし・・・・

資格については聞かれることは事前にわかります。

何を聞かれるか? というと・・・・・

自分が履歴書に書いた資格にについて取得目的と、実務経験、今後の資格の活かし方です。

事前準備できる項目なのでしっかり準備しましょう。

アピールや説明する際はなるべく具体的に答えます。

否定的、悲観的な言葉を意識的に使わないように気をつけてください。

取得したことで身に付いた技術や知識、さらに意欲を示し好感を上げましょう。

中途採用者のアピールポイントは、専門性や即戦力性なので、実務能力が問われます。

資格のPRポイントは、資格専門校のパンフレットを見て研究すると実践的な資格の活用方法がわかります。

ユーキャンは通信講座・通学講座とも豊富に取り揃えています。

案内書は無料で簡単に取り寄せることができます。

ぜひご利用ください。





 関連記事 



社会保険労務士  特定社会保険労務士  行政書士  簿記   TOEIC  衛生管理者  ホームヘルパー2級  介護職員基礎研修  介護福祉士  介護業界へ転職  宅地建物取引主任者  マンション管理士   不動産鑑定士   測量士 司法書士   税理士   中小企業診断士

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional