現役面接責任者が面接合格のポイントをわかりやすく記載! 

中高年の資格3

中高年の転職を支援します。

 

中高年の転職に資格をどのようにアピールすればよいか

資格取得はそのPR方法さえ間違えなければ他者と差別化を図れる最大の武器となります。しかしその使い方を間違えると不採用に直結することになりかねません。

中高年に求められるのは「実務経験に裏打ちされた資格」であって「自己啓発だけの目的で取得した資格」ではないということです。
採用面接では資格が応募条件になっていない限り、実務経験が資格よりも優先します。

たとえば社会保険労務士という資格を例に説明いたします。
あなたが人事・総務分野の経験者だと仮定します。あなたのキャリア、人間性が採用レベルの場合、「社会保険労務士」の資格を持っていれば「この人は国家資格に裏付けされた正しい判断を行うだろう」と考え、社会保険労務士の免許を持っていない応募者よりも面接を有利に展開できます。

ところが実務経験が全く無い中高年者が、「社会保険労務士の資格を取ったから、総務・人事へ転職したい」との理由で応募した場合はあまり有利になりません。資格は「実務経験+資格」と考えて面接に臨んでください。

a:3741 t:1 y:0


人気資格ランキング

シャローシ(社労士)?ってなに

画像:ユーキャンより

  • 社会保険労務士の特徴
    • 就職・転職に有利!
    • 定年後も活躍できる!
    • 独立・開業を達成しやすい!
    • 年金・雇用保険・健康保険の知識が知識が生活に役立つ!

ユーキャンのテキストは使いやすいです!
出典 ユーキャン



 関連記事 



社会保険労務士  特定社会保険労務士  行政書士  簿記   TOEIC  衛生管理者  ホームヘルパー2級  介護職員基礎研修  介護福祉士  介護業界へ転職  宅地建物取引主任者  マンション管理士   不動産鑑定士   測量士 司法書士   税理士   中小企業診断士

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional