現役面接責任者が面接合格のポイントをわかりやすく記載! 

ハローワーク徹底活用

中高年の転職を支援します。

仕事探しにハローワークを徹底活用しましょう!

ハローワークで行っていること

ハローワーク求人票の見方

ハローワーク求人票のチェックポイント

ハローワークの求人が多い資格

ハローワークで自分に向いた職を探そう

ハローワークで自分のやりたい職種を絞り込む

ハローワーク開催セミナーに参加

ハロワ徹底活用

ハロワで情報検索

ハローワーク ジョブカード利用術

面接準備

ハローワーク求人情報ではわからないこと

ハロワ利用10カ条

a:3977 t:1 y:1



トピックスコーナー


介護業界は求人が豊富!

需要拡大が確実な介護専門職

総人口に占める老年人口割合が7%を超えると高齢化社会と言われます。日本は高齢化が急速に進み平成6年に14%に達しました。そして2015年(平成27年)には25%を超えるといわれております。
これは「4人に1人」が高齢者であることを意味します。このような状況下で高齢者介護に対する需要は今後急速に高まることが確実であり、介護業界の拡大とともに介護専門職の需要拡大が確実に見込まれることになります。

これから伸びるのは在宅介護

一口に「介護」といっても高齢者の介護、身体に障がいをお持ちの方の介護、知的障がいをお持ちの方の介護、幼児分野の介護とその種類は多いです。また高齢者介護の分野だけでも居宅介護支援サービス(ケアマネジメント)、居宅サービス、施設サービス、介護予防サービス、地域密着型サービス、地域密着型介護予防サービスなどがあります。一般の人が介護業界の仕事としてイメージしているのは高齢者の部屋の清掃、排せつや入浴の世話、食事の介助、体位交換でしょう。これらのサービスは高齢者の自宅に出向いて行われるもので在宅サービスと呼んでおります。これからは高齢者の在宅サービスが拡大し、それに伴い専門職員の雇用が拡大していくことが確実です。

ぜひご活用ください!


ホームページをつくるなら

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional