現役面接責任者が面接合格のポイントをわかりやすく記載! 

こんな会社辞めてやる!

解雇についてもっと深く知りたい方・・こちらのサイトをご覧ください!
中高年の転職:プロローグ

こんな会社辞めてやる!・・転職する前に考えること
転職は目的でなく手段です!!

転職貧乏になるな

こんな会社辞めてやる!」強がって辞めたけれども、転職先での収入は今の会社より低いケースがほとんどです。

待遇に不満があるのでまたすぐ退職。
数社を転々としてしまえば、もう自分の商品価値は半分以下となってしまいます。

人間関係や処遇に不満がある人は、今の会社で解決できないかしっかり考えてから退職しましょう。
「隣の芝生は青く見える」ものです!」

自分の退職理由をしっかりとつかむこと

「自分の能力を高めるため」「キャリアアップのため」等の退職理由を話す方が多いです・・・・ところで、本当の退職理由ですか?
本当の退職理由を分析すると、意外と今の会社でも解決できることが多いのも事実です。

上記の退職理由を述べている人でも、本音は・・・
「上司に不満がある」「社内での自分の評価が低い」「休日が取れない」「会社の将来性に漠然と不安がある」等々

  • 「上司に不満がある」「社内での自分の評価が低い」は今の会社でも十分に解決できる理由ではありませんか?
  • 「休日が取れない」「会社の将来性に漠然と不安がある」は、今のあなたの実力で、今以上の待遇の転職先を見つけることができますか?

    しっかりと考えましょう。

思いがけない転職のマイナス面

一般的に勤務先を変更すると次のリスクを背負います。

  • 生涯所得が減少する
  • 今の会社のやり方が転職先で通用しない。(経験が評価されにくい)
  • 住宅ローンの勤続年数が短く、ローン査定が下がる

自分の価値を客観的に評価することが転職成功の秘訣!

転職活動の第1歩は退職することではありません!
在職中に自分の価値を再評価することが、「転職活動の第1歩」です。
自分の仕事を棚卸すると自分の気がつかない能力が見つかります。その能力を採用面接でPRするのです。

転職活動は在職中に行うこと

今まで一生懸命に働いたので、一休みしたい気持ちはわかります。
しかし転職活動は長期化すると、生活費に貯蓄を切り崩し、不安と焦りから自分を安売りする傾向が顕著です。結果、転職先の待遇に満足できず、すぐまた退職してしまう・・・・・。
また転職活動が長引くと、ビジネス感覚が失われ、即戦力としての商品価値も低下してしまいます。
転職活動は絶対に在職中に行い、転職先を決めてから退職しましょう。

初めての転職なら・・・辞めるべからず!

新卒者と中途採用者の置かれる環境は、全く異なります。

新卒者に求める能力は「コミニュケーション能力」「熱意」「将来性」であり、企業が自社で仕事を教え、育ててから成果を求めます。ポジションも能力があることを確認して付与されます。

中途採用は、「即戦力」です。

あなたの技術や能力に対して価値が判断され、給与が決まり、成果が求められます。

仕事の進め方も今までの会社と違います。環境の変化をしっかりと受け止めて、自分のスキルを同僚に認めさせることから始めなければなりません。
転職者が備えておく能力として、同僚と上司に自分をアピールする積極性・行動力・説得力は必要不可欠です。かなりのストレスが生じることは覚悟しておいてください。

せっかく転職しても、現状に満足できなかったり、新しい環境になじめなくてすぐ辞めたりしたら何にもなりません。

あなたが「新卒」で初めての転職であるとしたら、あなたが進もうとしている世界は実力主義の非常に厳しい世界だということを認識しましょう。
あなたが、初めての転職なら・・・辞めずに今の会社で頑張ることも大事な選択肢の一つです。

a:6639 t:1 y:0

35才以上限定!「マイナスからの就職マニュアル」全ての特典がセットになった「添削サービスセット」 トップMBA式 就職内定術

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional